ガスバーナー買うのに悩んでいるならこれ!SOTOレギュレーターストーブのすゝめ

アウトドア用品

はい、ずばりこれですね!

これを2~3年実際に使ってきて買ってよかったなぁと思うので、紹介していきます。

メリットを3点あげていきます。

まず、前提知識として

燃料は大きく分けてCB缶とOD缶に分かれます。

2つを軽く説明すると、

CB缶カセットボンベのカセットのイニシャルのC、ボンベのイニシャルのBから由来している。値段は安いが大きく持ち運びにくかったり標高が高いと火力が弱まったりするので、家庭で使う向き。

OD缶アウトドアのOutのイニシャル文字のO、Doorのイニシャル文字のDから由来している。値段は高めだが、標高が高くても火力があるし割かしコンパクトなので持ち運びに便利。

ざっとこんな感じ

メリット1:燃料のランニングコスパが最強

燃料のランニングコストがあまりかからない点です。

先ほど説明したように、CB缶は燃料1本100円で、OD缶は400~500円くらいと4~5倍の値段になっております。だから、燃料のランニングコストが低いと言えます。中に入っているガスの種類が違うので料金が変わってくるんですね!

そうは言っても、昔のブログなんですけど、

11月の終わり位に八経ヶ岳の山頂で

使っても全然平気でした。

メリット2:火力が十分なところ

メリット2つ目は火力が十分な点です。

キノコを採取して現地でキノコ汁にして食べたこともありますが、余裕で使えます。CD缶でも!

これは、SOTO独自のオリジナル火力を搭載しているからこのようなことが可能になりました。ここは、里山レベルなので、あまり関係ないと思うけど。

心強いです。こんな感じに沸騰することはできるので、初心者のお方でどれがいいか迷っている方はとりあえずこれを買っておけば間違いないです。

釣りとかにも使えるしね!

メリット3:折りたたんだら手の平サイズ

OD缶仕様のものと比べると、やはり若干大きくはなってきます。

しかし、見てください。手のひらサイズ!

十分小さいでしょ!

とはいっても、缶自体がちょっとかさばるんだけどね~。

まとめ

初心者の方、もしくはちょっと壊れちゃったか何かしらで2本目のガスバーナーを買うのに悩んでいるっていうお方がいましたら、

私はこれをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました